FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法記念日なので

こんにちは。
久々にブログ更新します。


今日は5月3日、憲法記念日ですね。
折しも憲法改正が話題に上がってます。

この改憲問題
九条を改正して戦争に参加するか否か・・・
という議論になりがちですが
政府自民党が総選挙で掲げた改憲草案には
思いもよらないとんでもない大問題が潜んでいます。

今年に入ってからいろいろ調べて
ツイッターで改憲草案の問題点をつぶやいていますので
まとめて転載します。

ちょっと堅苦しくて面倒ですが
私たちの生活に直結する問題なので
ぜひとも読んでいろいろ考えるきっかけに
して頂けたらと思います。


******************************************

自民改憲案の問題点1【国家と国民の立場逆転】
 現行憲法には無い「全て国民はこの憲法を尊重しなければならない」という文を追加。
 これにより国民の権利・自由を守るために国家に憲法を守らせる「立憲主義」を否定し
 国家が本来主権者であるはずの国民に憲法で縛りをかけるという、ありえない状態に。


    ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー


自民改憲案の問題点2【天賦人権論の否定】
 自民党片山さつき議員がツイッターで、
 改憲案前文の党公式見解として天賦人権論を否定する旨の発言。
 天賦人権とは人が生まれながらにして持つ自然権。
 これを否定すれば基本的人権は国が国民に与える物となり、
 国が人権に制限を加える事が可能となってしまう。


    ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー


自民改憲案の問題点3【奴隷的拘束が可能に?】
 現行憲法第十八条の「何人もいかなる奴隷的拘束も受けない」が削除され、
 代わりに「何人もその意に反すると否とにかかわらず
 社会的又は経済的関係において身体を拘束されない」とある。
 条件が限定されるためそれ以外での奴隷的拘束が可能になってしまう。


    ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー


自民改憲案の問題点4【基本的人権不可侵の項目を削除】
 九十七条 「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は…(中略)…
 現在及び将来の国民に対し侵すことのできない
 永久の権利として信託されたものである」
 が丸ごと削除されている。
 これも国家による基本的人権の制限につながる可能性がある。


    ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー


自民改憲案の問題点5ー1【表現の自由に規制】
 第二十一条「集会結社及び言論出版その他一切の表現の自由はこれを保障する」に
 「前項の規定にかかわらず『公益及び公の秩序』を害することを目的とした活動を行い
 並びにそれを目的として結社をすることは認められない」という文を追加。(続


自民改憲案の問題点5ー2 続)
 「公益及び公の秩序を害する」という定義の曖昧な条件をつけることで
 恣意的な解釈が可能となり、国家による国民への表現規制を可能にしてしまう。
 芸術からデモやネットの書込み等あらゆる表現行為に適用でき、
 民主主義国家としてありえない憲法となってしまう。


    ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー ☆ ー ー ー


自民改憲案の問題点6ー1【自由・権利に関する項目をことごとく規制可能に】
 第十二条を始め自由権利に関する項目で現行憲法では
 「公共の福祉」に反してはならないという制限がある。
 これは他人の人権を侵害してまで自分の人権を主張してはならない、
 つまり人権より上のものは人権だけという意味(続


自民改憲案の問題点6ー2 続)
 自民党改憲案はこの「公共の福祉」をことごとく「公益及び公の秩序」に変更。
 「公の秩序」は恣意的な解釈が可能で人権規制に繋がる危険性がある。
 また「公」によって個人の権利が侵害されないための規制が無くなってしまう。
 これはあまりに危険過ぎる。(続


自民改憲案の問題点6ー3 続)
 第十二条では「…国民に保障する自由及び権利は…略…
 これを濫用してはならないのであつて、
 常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ」
 が「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、
 常に公益及び公の秩序に反してはならない」
 に変えられている。(続


自民改憲案の問題点6ー4 続)
 また「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し」
 という文言も加えられているが、
 そもそも民主主義国家の憲法は
 個人の自由と権利を保障するためのもので、
 権利と義務を同一に並べるのは間違い。
 「義務」は憲法ではなく一般の法律によって課す事ができる。


自民改憲案の問題点6補足1
 自民公式Q&Aに『なお、「公の秩序」と規定したのは、
 「反国家的な行動を取り締まる」ことを意図した ものではありません。
 「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、
 平穏な社会生活の ことを意味します。…(続


自民改憲案の問題点6補足2 続)
 個人が人権を主張する場合に、
 他人に迷惑を掛けてはいけないのは、当然のことです。
 そのことをより明示的に規定しただけであり、
 これにより人権が大きく制約されるものではありません』とある。(続


自民改憲案の問題点6補足3 続)
 他人に対する迷惑であれば憲法ではなく法律で取り締まりができる。
 そしてその際に人権が蔑ろにされないよう縛りをかけるのが本来の憲法の役目。
 国家が国民を縛る憲法で国民の自由権利に対する
 「公の秩序」という曖昧な規定は危険。(続


自民改憲案の問題点6補足4 続)
 憲法はどのような政権に変わっても国民の権利を保障するのが役目。
 自民党が仮に何もしないとして、
 もし次にもっと独裁的野心を持った政権が誕生した際に、
 恣意的な解釈で人権を制限する事は無いと言えるのか大いに疑問。


******************************************


長くなってしまいましたがいかがでしょうか?
政府自民党による改憲案の問題。
専門家の間でもこれは
戦時中の「帝国憲法」を通り越して
「明治憲法」並かそれ以下ではないか
などと言われています。

実はこれ以外にも問題点はまだまだあります。
このツイートも参議院選に向けて
続けていくつもりです。
ある程度まとまったらまたブログに転載します。


また、上記のものを含め自分の憲法に関するツイートを
トゥギャってもらってますので
こちらもぜひご覧ください。
「紅次郎さんによる『自民党改憲案の問題点』ツイート」
http://togetter.com/li/453919

テーマ : 憲法改正論議
ジャンル : 政治・経済

選挙の参考にぜひ

お久しぶりです。

いやー


総選挙ですよ。


アイドルの人気投票じゃございません。
我々国民が直接政治に関われる
大事な大事な総選挙です。


民主主義バンザイ!!



という訳で
投票する際に参考になればと
各政党の政策をまとめてみました。
全てまとめると大変なことになるので
自分なりに重要と思われる4項目
・原発
・TPP
・消費増税
・憲法、安全保障
に絞りました。


経済政策とか重要なこと
もっともっとあるんですけどね〜・・・


「新党今はひとり」はある意味シャレで入れましたが
自分の住む杉並から立候補ということで
どうしても外せませんでした。


画像の二次使用は一向に構いません。
DLするなり印刷するなり
直リンするなり
お好きなようにお使い下さい。

ただし今後アップデートする可能性はなきにしもあらず。


画像クリックで拡大↓
2012衆議院選挙,各党の主な政策3訂版



テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

南野さん…


もう2週間ほど前ですが
衝撃的なニュースが飛び込んできて
耳を疑いました。


数年前にベーシストとして所属してた
ワタナベカズヒロスロウバウンド(WKTB)
というバンドでお世話になった
ジオライドレーベルのマスターで音楽プロデューサーの
南野信吾さんが
ニュース等でも大きく報じられた
大阪でのおぞましい事件に巻き込まれ
帰らぬ人となってしまったのです。


南野さんは
WKTBのアルバムリリースや
ライブツアーや
グッズ製作販売に尽力していただきました。

その真っ直ぐな有り余る情熱で
時に暴走をしながらも
我々の背中をグイグイ押してくれました。
バンドにとってかけがえのない恩人です。

神戸からのツアーの帰り
ワゴン車を猛スピードで運転し
あっという間に東京の自宅まで
メンバーを送り届けてくれたことは
今でも語り草です。


そして残念ながら
アルバムリリースとツアーの後
間もなくバンドは解散してしまいました。


今だから告白しますが
バンドの最年長メンバーそして
解散を止めなかったことを
あれほど情熱を注いでくれた南野さんに対して
ホントに申し訳なかったと思ってます。

申し訳ないという気持ちがありながら
一方で変なプライドもあり
結局その気持を伝えなかったこと
今でも悔やんでます。

WKTB解散ライブの日
南野さんは来てくれました。
やはりお詫びの言葉は言えませんでしたが
深く一礼をしたら
背中をポーンと叩いてくれました。

南野さんは
暖かく
懐の深い人でした。


告別式で南野さんにお詫びを
言おうと思って参列しました。
でも最後のお別れの際
両手をあわせて出てきた言葉は
「ありがとうございました」だけでした。

よくわかりませんが
自分の心から出たホンネの言葉だったので
これで正解だと思います。
本当に伝えたかったのは
お詫びではなくお礼だったという事でしょう。


告別式にはたくさんの方々が参列し
南野さんのために涙を流していました。
本当にみんなから愛されていたんだと
つくづく惜しい人を亡くしたと思いました。

ご遺族、ご関係者の皆様に
心よりお悔やみ申し上げます。


WKTBグッズ

写真は
告別式の時持っていったWKTBグッズです。
南野さんがプロデュースしてくれたものです。
長財布は今でも愛用していますし
これからも使い続けるでしょう。

南野さん
本当にありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠りください・・・



テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

脱原発世界会議で学んだ事 その1

どうも。



えー
本題に入る前にまずひとつ
大事な事なのこれだけは
何度でも訴えなければなりません。


脱原発、反原発の運動は
決して”脱電気”の運動ではありません。

先端テクノロジーの活用や
無駄を廃したムリのない節電と
代替エネルギーの開発。
原発からの撤退は
これらとセットにならなければなりません。

原始時代に戻れなんて
誰も訴えていませんので。


という訳で・・・



1月に開催された脱原発世界会議
もう2ヶ月も経ってしまいましたが
せっかくいろいろ学んできたので
レポートします。


たくさんのイベントが組まれてましたが
中でもどうしても参加したかったのが

・福島第一でも燃料として使用された
 ウラン採掘地オーストラリアの話

・六ヶ所村ラプソディーの
 鎌仲ひとみ監督による再処理工場の話

・脱原発アーティスト佐藤タイジさんのライブ

この3つ。

あとはドイツの現状や
再生可能エネルギーの話が聞ければと
いう感じでした。

タイトなスケジュールでしたが
ほぼ希望通りに参加できました。





という訳で
今回は豪州のウラン採掘の問題を
レポートします。

会場では
豪州でウラン採掘に
反対する運動をされてる4人の方が
写真や資料を映しながら
いろいろ話をしてくれました。





豪州は有数のウラン産地で
国としては反核兵器・反原発
の立場をとっていますが
ウランの採掘・輸出はしています。

14カ国に輸出しており
そのうち5カ国で核兵器に使用されるという
矛盾を抱えています。

日本にも原発の燃料として輸出されています。
事故を起こした福島第一でも
豪州産のウランが使用されていました。




ウラン鉱山は先住民族(アボリジニ)
の土地にあります。
彼らの反対運動がありながら
土地を売り渡せば巨額の富を約束するなど
どこかの国同様、強引に開発を進めたそうです。




ウラン鉱山は乾燥地帯にあるものが多く
採掘には大量の水を使用します。
海の水を引いて使用したりしますが
ある鉱山では先住民族にとって神聖な水とされてる
泉の水を水位が下がるほど使ってしまったため
彼らは採掘企業を”水泥棒”と呼んでいるそうです。

また別の鉱山では
地下に管を埋める工法で採掘が行われ
地下水が使用されるため
帯水層の水の汚染が
大変懸念されています。




採掘に大量の水を使うという事は
当然大量の放射性物質を含む
汚染水を生み出します。

この汚染水や
採掘で出た放射性廃棄物は
20年間も問題になっており
未だに最終処分地が決まっていません。
処分地候補になれば地元住民の猛反対にあいます。




レンジャーという鉱山は
カカドゥ国立公園という
世界遺産にもなった所にあります。

3千万トンもの汚染水や廃棄物が
大きなダムに一時貯蔵され
モンスーンで雨が降りダムに水が貯まり
一日に10万リットルも
外に漏れ出しているそそうです。

とてつもない環境汚染が
今なお進行しているのです。

汚染水漏れは住民に周知されてないらしく
20キロ先では子供たちが
平気で水遊びをしているそうです。
20キロ先まで流出してるかは不明ですが
その危険性は今後も含め大きいと思われます。




先住民は反対運動をする一方
生活のために鉱山で働く人も多いそうです。
土地を売り渡しても先住民族全員が
裕福になれるわけではないのです。

ウラン鉱山での労働には
放射線による被曝が伴います。
健康被害のリスクがありますが
生活のために働いているそうです。

福島第1の事故現場と同様
貧困層が被曝労働の最前線に
行かざるを得ないという
悲しい現状があります。



居住区の土地を採掘企業に売り渡す
自ら被曝労働をする
大量でしかも最終処分の決まっていない
放射性汚染水と廃棄物で土地を汚されてしまう
周辺住民が健康被害のリスクを負わされる

我々が湯水のごとく消費してきた電気は
そうした犠牲の上に作られてきたのです。

これが
CO2を排出しないエコでクリーンがウリの
原子力発電所で作られた電気の正体です。



もちろんオレ自身も
そういう事を知らずに
というか敢えて知ろうとせずに
湯水のごとく電気を使ってきました。
しかし不幸な事故をきっかけに
この重たい事実を知ることとなりました。




原発の問題は根が深く
枝葉が多方面に分かれていて
しかしそのどこか1箇所を切り取っただけで
反対するに十分な理由を見つけることになります。

オレらはデモに行ったり
経産省前で抗議集会に参加したり
声高に反原発を叫んでいますが
それは福島第一が事故を起こし
放射能をまき散らしたから
だけではないということです。




日本は国策として原発を推進してきたので
我々は原発のメリットばかりを
国や電力会社から刷り込まれてきました。

しかし事故を経験した今こそ
これらデメリットを1つでも多く知ることが
必要なのではないかと思います。

そしてこれからの社会のあり方を
政治家や役人たちに任せるのではなく
我々が自ら考えるべきだと思います。





次回はその枝葉の1つ
六ヶ所村再処理工場の話です。



今回は写真もなく
長々と拙い文章が続いてしまい
すいませんでした。
最後までお付き合いいただき感謝です。



テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

それぞれの3.11

2011年3月11日に起きた
東日本大震災で亡くなられた方々に
改めてお悔やみ申し上げます。

また
震災や原発事故によって
今なお不自由な生活を
余儀なくされている皆様に
お見舞い申し上げます。




あれから1年

皆さんにとってどんな1年だったですか?


震災を機に
考え方や
生活や
いろんな部分で変化が起きた
そんな方も多いのではないでしょうか。


自分の場合は・・・
もう皆さんご存知のとおりです。



そして先日
震災から初めての3.11を迎えました。

皆それぞれの過ごし方で
震災のことを想ったでしょう。

Jリーグの試合もあったし
ライブを開催する友人もいました。
仕事の人もいれば遊びの人もいる
1日中テレビを見て過ごす人もいたでしょう。

原発反対派であっても
原発推進派であっても
どちらでもない人も
追悼の気持ちがない
震災のことを全く考えない

そんな人はいないと思います。



自分にとって震災は
原発事故と別々には
考えられない事です。

そして思いを同じくする沢山の人達と
3.11東京大行進 -追悼と脱原発への誓いを新たに-
国会囲もうヒューマンチェーン
に参加しました。


震災の追悼の日に脱原発デモなんて
不謹慎である
という意見をネット上で見かけました。

いろいろな考え方があるとは思いますが
実際にどんなものだったか
この動画をぜひ見ていただきたいです。





自分の拙い文章より
この映像の方がきっと伝わるでしょう。


また写真や記事が
アップされているサイトもあります。
ぜひご覧下さい。

さようなら原発1000万人アクション

田中龍作ジャーナル


どうでもいい余談ですが
ワタクシが何度か写り込んでおります。

ホント
どうでもいい余談ですが・・・




テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

coziro

Author:coziro
紅次郎
シンガーソングライター・ギタリスト・ベーシスト。弾き語りを中心にライブ活動を行いながらバックアップメンバーを加えたバンド「The Lantern Lights」でのライブや音源制作等幅広く活動中。

公式サイト「月刊紅次郎」
CD購入Amnicola Netshop
音源試聴 MySpace
ライブビデオ YouTube

道なき道(原発なくせ Full ver.)
tweet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。