FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.29原発さよならデモ@浦和に参加してきました

どーも。


気持ちのいい秋晴れのこの日

我らがアントラーズが
国立でレッズとナビスコ決勝を
戦っていたこの日

レッズの地元・浦和で
原発さよならデモに参加してきました。




浦和駅前


浦和駅西口に到着。
皆さん国立競技場へ
行ってしまったのでしょうか
駅前はさほど人は多くいません。







手書きプラカード


集合場所へ行くと
この日の主催の方々が
手書きのプラカードを
一生懸命作ってました。

手作り感満載なデモです。







アピール



主催者および賛同者
他のデモやイベントの方々による
出発前のアピール。







そして出発前の整列。


先頭集団


成り行きで先頭集団
前から3列目に入ってしまいました。
東京都民なのに出しゃばって
ゴメンナサイ。

成り行きなんです。




でも
群馬出身で
杉並区民のワタクシ

生まれは浦和にほど近い
埼玉県蕨市。

3歳まで住んでました。

なので
今回のデモには
ちょっとだけ思い入れがあるのです。




という訳で
デモ行進出発。


デモ行進1







デモ行進2






商店街






デモ行進3


浦和駅西口を出発し
パルコのまわりを1周し
東口の商店街をぐるっと周り
民主党、自民党他の事務所前を通り
埼玉県庁前を通ってゴール
比較的短いコースでした。







ゴール2




ゴール1


この真剣な雰囲気が
伝わってますでしょうか。



この日の参加者は主催者発表で
150人くらいとのことでした。

浦和では初となる脱原発デモ
twitterを中心とした
ネットによる呼びかけで
個人としての参加が中心

自分が今まで参加した中では
小さい規模のデモでした。

そしてコース上も
人が多いとは言えない状況でした。

しかし
今回のデモは
意義深いものだったと思いました。




浦和市民の皆さんにとって
なかなかのインパクトだった
のではないかと思います。

我々を見つめる
沿道の皆さんの表情が
印象的でした。

びっくりしたように
じーっと見てる人

「どこまで歩くんですか?」
と言いながら沿道から参加してくれた
おばさんたち

我々に向かって拍手をしてくれた人たちは
何か胸のつかえが取れたような
気のせいかもしれませんが
そんな表情に見えました。

中高生男子らしき3、4人のチャリ集団が
妙にテンション上がっっちゃって
ベルを鳴らしたり
写メ撮ったりしながら
しばらく並走するという
そんな事もありました。


皆さんにとって脱原発デモは
都市伝説みたいな物だった
のかもしれません。

それが
日常生活の中に突如現れたのです。




出くわした瞬間
どう思ったかはわかりませんが
深く印象に残ったでしょう。

今後皆さんが
特にあのハイテンション男子学生たちが
いろいろと考える
きっかけになってもらえたら
それもひとつの成果だと思います。




そしてもう一つ

今回のデモは
右派の方と左派の方と
共同で企画されたようです。

イデオロギーの壁を超え
「脱原発」実現に向け
ともに戦うという
そんなデモでした。

最近の潮流となりつつあるようです。



脱原発デモ=反日サヨク
そんな構図で片付けようと
何とか悪いイメージを植えつけようと
躍起になってる人たちがいますが
そんな思惑に反し我々は
右も左も一般市民も
強力に団結しています。


そんな意味でも意義深い
脱原発デモとなりました。




あらゆるデモに出没する
忍者カメラマン秋山理央さん

IWJのユースト中継スタッフの方

しんぶん赤旗の記者の方

その他
個人か記者か分からない方
たくさんカメラに撮られました。

ワタクシ今回は
あちこちに写ってることでしょう。
見つけるのが楽しみです(笑)




帰宅後
ナビスコ決勝の録画を見ながら
このブログを書きました。

がっぷり四つ
途中、数的有利になった鹿島が
攻めこむ時間帯がありましたが
拮抗したいい試合でした。

延長の末
我らがアントラーズが
栄冠を手にしました。

両チーム選手および
両サポーターに
拍手を送りたいです。



放射能の恐怖から解放され
心からサッカーを楽しめる
そんな日が来ることを
強く願います。



スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

coziro

Author:coziro
紅次郎
シンガーソングライター・ギタリスト・ベーシスト。弾き語りを中心にライブ活動を行いながらバックアップメンバーを加えたバンド「The Lantern Lights」でのライブや音源制作等幅広く活動中。

公式サイト「月刊紅次郎」
CD購入Amnicola Netshop
音源試聴 MySpace
ライブビデオ YouTube

道なき道(原発なくせ Full ver.)
tweet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。