FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君の未来」セルフライナーノーツPart2

「君の未来」
紅次郎によるセルフライナーノーツ
お待たせしました今回は
「巡り巡ってボクらはいつかまたゼロになる」


この曲は
例えばアルバムの3曲目とか
レコードで言うところのB面の2曲目とか
シングルヒットした曲の次にくるような
そんなタイプの曲じゃないだろうか。

そして
ある意味最も紅次郎らしい曲
と言えると思う。
メジャー感のあるパッとした曲も良いが
実はこういう地味な印象の曲に
自分らしさやこだわりを込められたり
しちゃったりなんかしたりして。

またネタばらしだけど
NEW RADICALSの
MAYBE YOU'VE BEEN BRAINWASHED TOO
ってアルバムの3曲目
I HOPE I DIDN'T JUST GIVE AWAY THE ENDING
っていう曲。
この曲をちょっと意識した感じかな。
曲自体のイメージというより
アルバムにおけるこの曲のポジション
のイメージって感じ。

マニアックなチョイスだったか(笑)

まあ何ていうか
お口直しとか箸休めに
何か良い物を出してあげたいって感じかな。

作曲した時は結構手応えを感じていた。
特に
Aメロのコード進行に
メロディーが上手くハマった事と
サビを2段階構成にしたところ。
そしてその2段目のサビに
「巡り巡ってボクらはいつかまたゼロになる」
という歌詞がハマった事。

ついでに言っちゃうと
それを曲のタイトルにした事も(笑)

詞の内容は
嫌な事があったり
気持ちが落ち込んだり
昔の自分を思い出して
妙に気恥ずかしくなったり
でもそんな事は良くある事で
人というのは
そうしてグルグル巡りながら
ちょっとずつ成長してくもんだ
というような感じ。

曲自体がうまく出来たので
アレンジにはかなり気を使った。
ポイントは
ゆったりとしたテンポだが
ゆったりグルーヴしてる
というところ。

ヨッシーのドラムと自分のベースは
まあ得意なタイプといえると思う。
更にアコースティックギターで
パーカッシブなストローク
ヨッシーの提案でうっすらとシェイカー
この曲のグルーヴ感はこれで決まり!

更にアオキの「ヤングアダルト」(笑)な
エレクトリックピアノを加えたら
もうこれで雰囲気出来上がりでしょ。

あとはあまり上物を加えすぎない方が
曲の魅力を引き出せると思った。
いかにシンプルに説得力を増して行けるか
それがこの曲の最大のテーマ。

逆に言うと
下手な事出来ないんで難しいんだけどね。

では詳しいパート構成を。

ドラム:ヨッシー
エレピ(左):アオキ
以下すべて紅次郎
ベース
アコースティックギター(右)
エレキギター(左)
シェイカー(左):ループ音源

以上がベーシックなバッキング。

そしてリードギター1(イントロ・エンディング)
リードギター2(歌中のオブリ、右)
リードギター3(中間のソロ)
最後のサビだけ出てくるアルペジオ(右)
リードヴォーカル
コーラス(右)

ギターの使い分けと音作りも
かなり時間をかけてこだわった。
バッキングのエレキと中間のソロと
最後のサビのアルペジオは
ストラトキャスター
そして
イントロとエンディングのソロと
歌中のオブリガート
そしてイントロでオクターブ奏法で
テーマを弾いてるのが
そう!
このコンプの効いた甘いトーン!
セミアコのフロントピックアップの音。
この対照的な2本のエレキの使い分けは
超こだわりポイント。

更に超超こだわりポイントとして
フェイド・インしてくる長いイントロ。
この部分はレコーディングを始めた段階では存在せず
後からエンディングのドラムとベースを編集して貼り付け
それに上物をダビングしていったのだ。

これは元々ライブ用のアレンジだったのと
セミアコのソロを最大限生かしたいという意図もあり
半ば強引に作ってしまったのだが
どうですか
今時こんなアレンジ(笑)
なかなか無いんじゃないかな。
我ながらナイスアレンジ!
超超こだわりの超超お気に入りポイント!



・・・ま
・・・結局
セルフライナーノーツって
結局自画自賛の嵐だな(笑)


という訳で次回は
「この手につかむまで」
について。

そしてその後に全体の総括。
自画自賛の嵐に
もう少しおつき合いください。








スポンサーサイト

テーマ : 同人音楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

「君の未来」セルフライナーノーツPart1

kiminomirai_200px.gif


という訳で
お待たせいたしました。

「君の未来」
紅次郎によるセルフライナーノーツを。

今回はタイトル曲「君の未来」について。



この曲ができたきっかけというのがあって
まず先に「nine」っていう曲ができて
それがまあ意外にっつーかなんつーか
結構ダークな内容で
ここでは詳しく書かないけど
とにかく
これじゃあ未来が無い
世間様に申し訳ない
って言うか
自分の中で決着をつけておきたいって事で
nineとは間逆の前向きな歌
若者にエールを送るような歌を作ろう
いや作らなきゃイカンだろ
と思ったのだ。

なので
前向きな歌が多いとされる
わたくし紅次郎のレパートリーの中でも
とりわけ前向きな内容になった。

曲調もできるだけ自分らしい感じで
まずは気持ちのいいリズム
そして爽やかな中に若干のノスタルジーを感じさせる
メロディとコード進行。
せっかくなんでネタばらしをすると
Marvin Gaye「What's Going On」
Simply Red「Stars」
辺りをイメージした感じかな。
「アルバムから最初にシングルカットされる曲」
的なキャッチーさを心がけて作った。

おかげさまで
こうしてマキシシングルのタイトル曲となり
ライブでも一番多く歌う曲となった。

ってそれは自分のさじ加減次第だけど。

ちなみに
2番のAメロ後半「時には立ち止まり・・・」
から
Bメロ「過ぎ去りし日々と・・・」
この辺りがグッと来るとか来ないとか
評判になっているとかいないとか。



この曲は一昨年リリースした
「Demo Songs」にも収録されていて
この時のドラムとキーボードは
シーケンサーによる打込みだった。

今回は念願叶い
人間の叩くドラムと人間の弾くピアノで録る事ができた。
(ただしシンセ系は打ち込み)
やはり人間の作り出すグルーヴが一番である。

前回はあくまで「デモ」的な扱いで
今回はようやくできた「正式版」って感じかな。
まあデモ版つっても
500円で売っちゃったけどね。



ではパート構成を紹介しよう。

ドラム:ヨッシー
ベース:紅次郎
ピアノ:アオキ
アコースティックギター(右):紅次郎
エレキギター(左):紅次郎

以上がベーシックなバッキング。

そしてリードギター(イントロ・ソロ・エンディング):紅次郎
さらにストリングスシンセ(イントロ・サビ):シーケンサー
間奏のパッドシンセ(中央):シーケンサー
間奏のパッドシンセ(左):シーケンサー

言うまでもなくリードヴォーカル:紅次郎
コーラス(左):紅次郎

こんなところだろうか。


ポイントは
繰り返しになるが人間が叩く生ドラムと生ピアノ。
(ピアノの音源自体はデジタルだが人間が弾いてるので)
やはり人間が演奏して出てくるグルーヴや
細かなニュアンスというのは
打ち込みでは決して再現できない。
そういう意味では
サポートメンバーの2人はキモで
アレンジの意図を汲み取ってくれるし
ヨッシーとアオキは重要な存在だと言える。

そしてベースとアコギを加えた構成で
基本的なグルーヴを作り出している。

ちなみにドラムとベースは同時録音。
(他は個別に重ね録り)
これもグルーヴという点ではキモ
と言うより最重要ポイントかもしれない。
何しろドラムとベースは
業界用語で「リズム隊」と言われているくらいだから。
ホントはベーシックな演奏は
すべて一発録りをしたいとこだが
残念ながら紅次郎の体が1つしか無い。

もちろん後から重ね録りしたパートも
グルーヴ感を大事にして演奏したつもりだし
まあまあ良い感じに録れたんじゃないかな。



てな感じで
まだまだ書きたい事はあるけど
長くなってもしょうがないし
この辺で。

とりあえず「君の未来」
正式版という事で
イメージしてた物にかなり近いアレンジで
現在出来る限りのベストを尽くして録音できた
納得の出来と言えると思う。

前向きな歌
気持ちのいいリズム
爽やかでちょっとノスタルジック
そんな「君の未来」
たくさんの人に聴いて欲しい。

あ、たまたま覗いちゃった人は
コチラで試聴してね。



では
セルフライナーシリーズ
次回
「巡り巡ってボクらはいつかまたゼロになる」

その後「この手につかむまで」
最後に全体の総括をしたいと思う。
お楽しみに。








テーマ : 同人音楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

プロフィール

coziro

Author:coziro
紅次郎
シンガーソングライター・ギタリスト・ベーシスト。弾き語りを中心にライブ活動を行いながらバックアップメンバーを加えたバンド「The Lantern Lights」でのライブや音源制作等幅広く活動中。

公式サイト「月刊紅次郎」
CD購入Amnicola Netshop
音源試聴 MySpace
ライブビデオ YouTube

道なき道(原発なくせ Full ver.)
tweet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。