FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権は現行憲法下での集団的自衛権行使を否定していたという矛盾

前回「集団的自衛権行使容認について」という記事で
閣議決定で憲法9条の解釈を変える事の問題について書きましたが
今日ツイッターを見てたら
「安倍政権は既に現行憲法下での集団的自衛権行使を否定していた」
という情報が流れてきたので調べてみました。



それは2年前に自民党が発表した「日本国憲法改正草案」について
Q&A形式で解説をしている「日本国憲法改正草案Q&A」の中の
日本の平和主義の象徴である九条の改正案について
解説している部分に書かれています。

一部を抜粋します。


++++++++++++++++++++++++++++++++++

Q9
…集団的自衛権については、どう考えていますか?


…現在、政府は、集団的自衛権について
「保持していても行使できない」という解釈をとっていますが、
「行使できない」とすることの根拠は「9 条 1 項・2 項の全体」
の解釈によるものとされています。
このため、その重要な一方の規定である現行 2 項
(「戦力の不保持」等を定めた規定)を削除した上で、
新 2 項で、改めて「前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」
と規定し、自衛権の行使には、何らの制約もないように規定しました…

++++++++++++++++++++++++++++++++++


つまりこの解説では
集団的自衛権の行使は現行憲法では認められていないので
行使するためには一部を削除して
新たに規定する必要があるんだと言ってるわけです。

ところがその改憲草案を掲げて首相になった安倍は
現行の憲法九条で集団的自衛権は認められるんだと言って
閣議決定を強行しようとしてます。

それでは大きな矛盾が生じてしまいます。
自らが提案した憲法九条改正案を
自ら否定してしまうことになる訳ですから。



福島第一原発の事故はコントロールされているとか
米軍の戦艦が紛争地域から一般人を救出するとか
ウソばかりついてる安倍首相ですが
またまた大きなウソをついていました。


もうムチャクチャです・・・

スポンサーサイト

集団的自衛権行使容認について

いま話題の集団的自衛権ですが
閣議決定で認めるのは憲法に反する事なので
絶対にダメです。


どこがどうダメなのか
ワタクシ日本国憲法についてここ1年半ほど
調べたり学んだりしてきましたので
少々クソ生意気ではございますが
ここで説明させていただきます。
なるべく短く簡単にしますので
ぜひ読んで下さい。

 ー ◇ ー ー ◇ ー ー ◇ ー

最も大事なことは
「憲法とは何か」「憲法と法律の違いは何か」
ということです。
基本的な事ですが
意外と知られていない気がします。

刑法とか民法とか「法律」 は
国家が国民に対して
義務や罰則を課すものですが
「憲法」は国民が国家に対して
人権や自由を保障させるために課すものです。

それは憲法の条文に明記されてます。


+++++++++++++++++++
【憲法九十九条】
天皇又は摂政及び国務大臣、
国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
+++++++++++++++++++


見てのとおり
憲法尊重擁護義務を国民は負わされていません。
これが国民が国家に対して憲法を課すという
いわゆる「近代立憲主義」という考え方で
日本国憲法の基礎となる物です。



憲法は国民が国に課すものなので
改正する時も国は勝手に決められません。
「これをこう変えたいのですがいかがでしょうか?」
と国(国会)が提案して
国民が投票によって可否を決めます。



集団的自衛権行使は
憲法九条があるので認められません。
これは歴代内閣が明言してきたことです。
認めるには正当な手続きを経て
九条を変える必要があります。

ところが今の安倍政権は
閣議決定という方法で
憲法九条の条文はそのままで
解釈をほぼ180度変え
集団的自衛権は行使できる
という事にしようとしています。

そんな事が許されるのでしょうか?



例えば我々国民は
「今日から法解釈を変えて
人の物を盗んでもOKにします」
なんて事は絶対できません。

でも安倍政権はそういう事をやろうとしています。

集団的自衛権行使の是非が議論されがちですが
問題の本質は解釈改憲です。


 ー ◇ ー ー ◇ ー ー ◇ ー


このようにいま日本は憲法に反するやり方で
歴史的な大転換を行おうとしていますが
世間ではあまり騒ぎになっていません。

最近抗議集会がよくあるので行きますが
人数も少なくマスメディアの報道もほぼありません。


このままでいいんでしょうか?


紅次郎ライブイン仙台【福島の真実編】

あれからもう1ヶ月以上経ってしまいました。
プチ燃え尽き症候群を感じつつ日々の暮らしに追われてます…

さて、告知したとおり
今回は仙台ライブの帰りに立ち寄った
福島での震災と原発事故の被災地のレポートです。


ホテルを10時にチェックアウトして福島を目指す予定が
皆さんとの別れが名残惜しくホテルをなかなか発てないでいたら
お昼を過ぎてしまいました。

でもおかげで青葉祭りという
かなり大規模なお祭りに遭遇し
これはこれでラッキーな体験でした。

青葉祭り


地元デパートでお土産を購入し
地元っぽいお店でお昼ご飯を食べ
僅かながら被災地・宮城県でお金を使ってから
福島浜通りを目指し国道6号線を南下しました。

阿武隈川を渡り更に南へ。

阿武隈川




遠く海岸線に
色々問題になってる巨大堤防らしき物が…

巨大堤防




放射性物質の除染なのか塩害対策なのか
地面を掘り返している所がたくさんありました。

除染か塩害か




相馬〜南相馬へ。

相馬ー南相馬




南相馬市内のコンビニでトイレ休憩。
この辺りはもうすっかり普通に暮らしていて
店内には子どもからお年寄りまで結構なにぎわい。
マスクをしてるのはオレだけという状況に少し動揺します。

車の中でしか線量を測れなかったですが0.11マイクロ。

南相馬車内線量



地表の線量はさすがに周りの目というか
どう思われるかが気になってできませんでした…

でも金属で覆われてる車の中
地上1m強で測ってこのくらいですから
外へ出ればそれなりに数値は上がる事は想像に難くありません…


更に南へ進むと
瓦礫と除染で出た放射性廃棄物の
やや大きめの仮置き場がありました。


瓦礫と放射性廃棄物

この後、除染で出た放射性廃棄物の黒い袋を
数えきれないほどたくさん見ることになります。

自宅敷地内に積まれているのも結構ありました。
中間貯蔵施設の建設の目処が立っていないから
どうにもできません。
石原環境相の「最後は金目でしょ」発言で
自治体との交渉は更に難航すると思われます。

黒い袋の耐用年数は3〜5年・・・


さらに進むと人の気配がなくなります。

南相馬の南


南相馬の南側から浪江町は
現在は避難指示解除準備区域とされていて
人は住めません。

参考→ みんゆうNet「帰還困難」「居住制限」「避難指示解除準備」区域


知命寺の交差点。
人は全くいません。

知命寺交差点



左に曲がると検問があり
目的地である浪江町の請戸漁港へ行ける…はずです


という訳で今回はここまで。
まだまだ続きます。


紅次郎ライブin仙台、ありがとうございました。

紅次郎ライブin仙台

日時:5月17日(土曜)
18:30会場 19:00開演

場所:仙台市青葉区大町2丁目6−3
フォークソングライブ「唄屋-仙台」
(http://utaya-sendai.com/)
出演:紅次郎、浦邊力、テツコーズ、阿部玲ほか

行ってきました。

盛り上がりました。

感動しました。


それは宮城と東京の偶然の結びつきから始まり
デモや抗議の仲間の協力と
SNSからリアルへのつながりを経て
たくさんの善意によってスクスクと育ち
一夜の夢のイベントが実現しました。

見に来ていただいた皆さん
主催のたかさん
会計のじゅんさん
そして実行委員の皆さんと
陰日向に協力していただいた皆さん
カンパをしていただいた皆さん
twitterやFBで情報拡散していただいた皆さん
本当にありがとうございました。



主催のたかさんのMCでライブはスタートし
1番手は阿部玲さん。

阿部玲さん

阿部玲さんはデモでお見かけして
おそらく挨拶程度しかしていない間柄でしたが
なんとたまたまこのライブの告知ツイートで
出演者募集とあるのを見かけて
音楽の力で何かができると思い
主催のたかさんに連絡したそうです。

そんな偶然が重なって出演が決まりまった阿部玲さん
ステージはとても素敵で
このイベントの音楽的な幅と深みをもたらしました。
足りないピースを埋める存在で
これは偶然じゃなく必然でしたね。

ありがちな表現ですが正にそのとおりだったと思います。




続いて浦邊力くん。

チカラ君

経産省テントひろばでのストリートライブ
「霞が関の中心で愛を叫ぶ」をずっと続けている
鉄人チカラ君。
オレも何度か出させてもらってます。

たかさんにこのライブの話をいただいた時
対バンとして連れてくならこの人しかいないだろうと
真っ先に声をかけました。

チカラ君のライブはさすがの一言。
抵抗の歌を全身で表現する
この説得力と盛り上げ方は経験のなせる技。
お客さんはもちろん
会場の奥に控える他の出演者たちの間からも
ヒューヒュー歓声が上がってました。

そして意外と言ったら失礼ですがライブ前の
自分の世界に入り込む姿がとても印象的でした。





そしてトリはワタクシ紅次郎&ザ・テツコーズ。

紅次郎&ザ・テツコーズ

もうホントにいろんな方々にお世話になりっぱなしになりながら
ついにこのステージに立つことが出来ました。
感動で泣きたい衝動が来たりしましたが
前のお二人がそれぞれキッチリ自分の世界を表現したので
自分は自分の個性で表現しよう
とにかく仙台の皆さんに良いライブをお見せしようと思い
落ち着いてしっかり演奏して歌うことを心がけました。

ではセットリストを。

1:君の未来(紅次郎ソロ弾き語り)
ドラム隊のザ・テツコーズ登場
2:砂漠の銃声
3:道なき道(原発なくせFll ver.)
4:低賃金過重労働
5:新曲(タイトル未定)
6:そこに愛はあるのか〜原発利権に群がる金の亡者たちに捧げるバラード〜
7:平凡な日々にさよならする
アンコール:nine

最初に1人で抵抗の歌ではない「君の未来」を歌ったのは
いろいろな意味がありましたが
まずは音楽で自己紹介をしたい
まずは仙台の皆さんに普通の曲で「ライブ」を楽しんで欲しい
それが自分らしい表現だろうと
そう思ったかったからです。

そしてザ・テツコーズとの共演。
これが「霞が関スタイル」
と言ったら大袈裟ですが
デモから生まれたドラム隊が
時を経て枝分かれし
抵抗の歌をうたうミュージシャン達と結びつき
一つのスタイルが出来上がった
その「文化」を持って仙台に行きたかったので
実現できて本当に良かったです。

練習しないのが「霞が関スタイル」なので(笑)
ドラム隊の皆さんには苦労かけましたが
皆空気を読んで実にタイムリーな演奏をしてくれました。

オレも抗議の時は一緒にタイコを叩いている
ザ・テツコーズのテツコさんとデラ君
急遽参加をお願いした
秘密保護法の抗議で一緒にタイコで戦った保科さんと
阿部玲さんに紹介していただいたジャンベのヒサエさん
皆さんのお陰で良いライブが出来ました。
ありがとう!



ライブのあともいろいろありましたが
それはまた後ほど。

主催のたかさん「紅次郎ライブイン仙台終了!」

阿部玲さん「仙台の中心で、愛を叫ぶ男たち」


う〜ん、仙台最高!


PROTEST SONGS

ども。


長い間アルバムを制作してるんですが
それをすっ飛ばして新作4曲入りCDを作りました。

タイトルは「PROTEST SONGS」
その名の通り
社会問題をテーマにした曲を集めました。


今取り組んでる憲法の問題と絡めるため
明日の自由を守る若手弁護士の会”制作
「憲法が変わっちゃったらどうなるの?
~自民党案シミュレーション~」
というパンフレットをCDに添えて
無料で配布しています。

ライブ会場やデモや抗議
ていうか常に持ち歩いてますので
ぜひもらってやって下さいm(_ _)m

その中から2曲ほどアップしましたので聴いて下さい。




1つはブログの左カラムに
SoundCloudプレーヤーを埋め込みました。

【道なき道(原発なくせ Full ver.)】

これは原発に反対する歌であり
原発に反対する人たちへのエールでもあります。
プレーヤーが見えない場合は
コチラからリンク先で聴いて下さい。





もう1つはYouTubeにアップしたのでここに埋め込みます。

【そこに愛はあるのか
〜原発利権に群がる金の亡者たちに捧げるバラード〜】

原発利権に群がる
電力会社、政治家、役人、経済界のお偉いさんたちが
生まれ変わって人間らしさを取り戻すように
願いを込めて歌を作りました。

*2012年1月にアップした曲のリメイク版で
 ピアノとオルガンにクマガイタカシを迎え
 さらにボーカルを録りなおしました。



見えない場合は
コチラからリンク先でご覧ください。




CDには他に
イラク戦争の頃に書いた反戦の歌
【砂漠の銃声】

実体験を元に世の中の不条理を歌った
【低賃金過重労働】

が収録されています。
どこかで見かけたら
ぜひ受け取って下さい。
よろしくお願いします。



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

プロフィール

coziro

Author:coziro
紅次郎
シンガーソングライター・ギタリスト・ベーシスト。弾き語りを中心にライブ活動を行いながらバックアップメンバーを加えたバンド「The Lantern Lights」でのライブや音源制作等幅広く活動中。

公式サイト「月刊紅次郎」
CD購入Amnicola Netshop
音源試聴 MySpace
ライブビデオ YouTube

道なき道(原発なくせ Full ver.)
tweet
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。